九星と引越し方位について

九星と引越し方位について

 

九星と引越し方位の関係について説明しておきましょう。

 

九星(きゅうせい)とは、一白(いっぱく)、二黒(じこく)、三碧(さんぺき)、四緑(しろく)、五黄(ごおう)、六白(ろっぱく)、七赤(しちせき)、八白(はっぱく)からなる、方位の要素の一つなのだそうです。

 

なのだそうです…という表現には意味があって、この九星は、本当の方位学である奇門遁甲には存在しない概念だからです。私は気学屋ではありませんから、このように表現しています。

 

 

九星は、奇門遁甲の方位盤の要素「九宮」のパクリ?

九星とは…奇門遁甲の方位盤の要素である、十干(じゅっかん)、八門、九天星、八神(はちじん)、九宮(きゅうぐう)のうちの、九宮をもとにしたものであると、私は考えてます。

 

九宮を、九星と別の読み方をしただけ。

 

九星というのは、おそらく「九天星」と「九宮」が、まぜこぜになった、造語なのではないかと、推測しています。なんとも陳腐ですね。

これについては、ウィキペディアにも同様の記載あり。
「九星 ウィキペディア」で検索を。

 

奇門遁甲では「九宮」は無視する要素

奇門遁甲の九宮

奇門遁甲の作盤

 

重要なことを説明しますと、奇門遁甲では、この九宮は、無視する要素となっているのです。

 

私も、引越し方位を鑑定の際は九宮は無視します。九宮の意味や作用を採用することはしません。

 

この無視する要素を、パクったと思われる「九星」…重視するほうがおかしいのです。九星の配置で悩んでいるくらいなら、奇門遁甲で正式な引越し方位を鑑定されてください。

 

人の運命を「生まれ年」だけで占うのは誤り!

気学屋は、生まれ年の九星を「本命」とし、あてはまった九星によって運命を占うということをします。

 

私は、本当の運命学である四柱推命の研究家であり、専門家です。
四柱推命では、生年月日から運命を占いますが、生まれ年だけで占うということは決してありません。

 

というよりも、不可能です。よく考えてみてください。

 

生まれ年だけなんて、情報が少なすぎると思いませんか?生まれ年で占うなら、同級生が全く同じ運命ということになってしまうのですが…、なぜ、こんな当たり前のことに疑問に感じないのか、そのほうが不思議なのです。私は…。

 

同級生の場合、2月4日前後の節入で2つに分かれますから、正確には同級生には2種の九星があることになりますね。それでもたった2種なのです。

 

四柱推命の運命

四柱推命の運命表です。

九星と引越し方位  よくある質問

奇門遁甲には九星はないのですね?

存在しません。気学がつくりだした概念です。

 

九宮と九天星はあります。おそらく元ネタはこの2つなのでしょう。

 

生まれ年の九星で運命を占うのは無理があるのですか?

無理があるというよりも、不可能ですよ。

 

なにより情報が少なすぎる。
四柱推命なら生年月日で占うことになるので、情報として充分となりますが、年だけでは、いくらなんでも占えませんよ。


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜7日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


栄就運命鑑定室のフッター


圧倒的実績と経験