引越しをする際、物件が、どの方位に入っているのかを調べるのに重宝するのが、あちこち方位 というサイトです。

 

あちこち方位を利用すれば、自在に、方位を確認できます。
ただし、設定が必要ですので、解説します。

あちこち方位の設定

 

 

あちこち方位」にアクセス
 

 
マップの十字を自宅に合わせる。
(※住所を記入すると、自宅が表示されます)
 

 
左上の「画面中央を自宅に設置」ボタンを押す
 

 
方位線の設定欄にある「方位線」と「長さ自動」の2つをチェック。 
 

 
方位線の種類:「気学12方位」 を選択。

 

 
 
これで完了です。
その他の項目を、チェックしたり、設定する必要はありません。
その他の項目は、触らないでください。

 

 

 

!)ご注意

 

×「偏角を考慮」 
×「正方位線」 
は チェックしません。 はずしてください。

 

 

 

あちこち方位は、スマホでの利用が可能になったようです。
スマホしかお持ちでない人は、
あちこち方位S【スマホ専用】 で、検索して、アクセスしてみてください。

 

気学12方位 について
あちこち方位の設定では、 方位線の種類:「気学12方位」 を選択  します。
「気学12方位」となっているのは、あちこち方位の作成者さんが、そのように命名しているだけであって、気学専用という意味ではないので、誤解無い様にお願いします。
12方位は、奇門遁甲が、有史以来、使い続けている方位の盤です。

よくある質問

先生は、奇門遁甲であるのに、あちこち方位の設定が、「気学12方位」を使うのはナゼ?

ときより、このような珍問を、メッセージ頂くことがあるので、回答させて頂きますね。

 

あちこち方位というサービスは、私のサービスではなく、どこか有能な方が公開されているものです。
その作成者さんが、12方位を「気学12方位」と命名して作成しているのです。

 

12方位は、奇門遁甲の有史以来、使われている方位盤であって、気学専用ではありませんし、流派なども無関係なのです。

 

 

あちこち方位は、私のウェブサイトありませんから、名称を変更できるわけがありません。
なので、そのまま「気学12方位」でセットしてくださいね。 と説明しているという、ただ、それだけの理由です。

 


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


引越し方位の栄就