引越し日の定義

 

これが引越した日の定義となります。
つまり…「新居で生活を始めた最初の日」をもって「引越した」となるのです。

 

引越しとは、「生活の拠点となる地点の移動」をみているわけですので、「新居で生活を始めたこと」で、拠点が移動したことになります。

 

引越し方位鑑定で導かれた結果を、「新居で生活を始めた最初の日」として、お使いになってください。

 

 

引越し日当日の「時間」は不問

引越しは「日」が重要ですが「時間」については不問となります。
時間による吉凶はありません。「何時」入りでも構いません。
常識的な時間帯で引越しを済ませてください。

 

ただし、注意点として「日付が変わる前後の時間帯:(深夜)24時前後」だけは、利用しないことです。

 

「日」が重要である以上、日付変更する前後の時間帯:(深夜)24時前後に、引越し作業を開始する、などは控えてください。(夜逃げでもない限り、普通はありえない時間帯ですね。)

 

引越し直後に「外泊」しても全く問題ありません。

「引越し直後は60日以上外泊すべきではない…」という説をインターネット等でみることがありますが、誤りです。

 

引越し直後に外泊しても全く問題ありません。

 

引越しとは「住居間における人の移動」をみているのであって、引越し後に住人が何をしようとも、引越し当日の方位作用には全く影響はありませんので、ご安心ください。

 

 

 

よくある間違い

× 荷物・家財道具を運んだ日
× 住民登録した日
× 物件を契約した日
× 鍵の受け渡し日
× 引越し前に物件に出入りした日

 

これらは「引越した日」ではありません。
よくある間違いですので、ここに詳述いたします。

 

× 荷物・家財道具を運んだ日

家財道具などの荷物は、引越しとは関係ありません。
荷物を全て運び入れたからといって、新しい家で生活を始めなければ、引越しとはなりません。

 

荷物の移動を引越しというなら、「荷物を半分だけ運んだ場合、半分だけ引っ越した…」となるのでしょうか? 半分だけ引っ越す…意味がわかりませんよね。

 

以前「炊飯器だけ運んだら、引越しになる!」と吹聴する占い屋がいましたが、冗談はやめてほしいですね。それなら炊飯器を持っていない人は、引越しができませんよね。

 

繰り返しますが、家財道具などの荷物は、引越しとは関係ないのです。

 

× 住民登録した日

住民登録と引越しは関係ありません。住民登録に吉日凶日はありませんから、いつでもお暇な時にお済ませくださいませ。

 

× 物件を契約した日

関係ありません。
契約しただけで、新居で生活を始めなければ引越しとはなりません。
考えてみれば当たり前ですね。

 

× 鍵の受け渡し日

関係ありません。
鍵だけ受け取っても、実際に生活していないなら、引越しにはなりません。

 

× 引越し前に物件に出入りした日

引越し前に、事前に新居となる家に出入りすることは、当然あると思いますが、これも引越しにはなりません。常識的に考えてありえないです。

 

これで引越しになるなら、「物件を下見」しただけで引越しになってしまいますよ。
「物件の下見」しただけで引越しになるなんて、支離滅裂ですね。

よくある質問

引越し後に、旧家に戻っても問題ないですか?

まったく問題ありません。

 

引越し後というのは、生活の拠点地が、新居に移っているわけですから、旧家は、物置としての意味合いしかありません。

 

 

家財道具などの荷物は事前に移動しても問題ないですか?

まったく問題ありません。
家具家電・荷物を移動したからといって、引っ越しになるわけではありません。引越し方位とは「人の生活の拠点地の移動」を見ているのです。

 

 

引越しするのに、時間は、重要ですか?

時間は、関係ないです。時間不問です。
重要なのは「日」です。

 

 

引越しをしたのですが、荷物が、旧家に残っています。大丈夫でしょうか?

まったく問題ありません。

 

何度も、説明しているように、荷物は、引越しとは関係ありません。旧家に、荷物が残っていも、問題ありません。
引越し方位とは「人の生活の拠点地の移動」を見ているのです。

 

 

「住民票」を届ければ、引っ越したことになりますか?

いいえ。

 

「住民登録・住民票の変更」は、引越し方位とは無関係です。
引越し方位は、人の移動をみているのですから、書類上の変更で、引越しではありません。

 

 

「鍵の受け渡し日」は、引越し日となってしまいますか?

いいえ。
引越しにはなりません。「鍵を受け取った」というだけです。

 

 

物件を内覧したらは、引越し日となってしまいますか?

いいえ。なるわけありません。

 

物件を内覧しただけで、引越しになるわけありません。常識的に思考しましょう。

 

 

出張で、ホテルに14泊もするのですが、引っ越したことになってしまいますか?

いいえ。 引っ越したことに なりません。

 

引越しとみなされる基準はあくまでも「(生活の拠点が新居へ移動し)その新居で生活を始めた最初の日」で、あるか否かです。

 

ですから ホテルに何泊しようとも現住所が現存しており、現住所の生活の基準があるなら、ホテルに何泊しようとも 引越しには なりません。

 

普通、「ホテルに連泊したとしても、ホテルに引っ越した」とは言わないはずです。

 

 

新居に「炊飯器」をもっていくと引っ越しとなると、ある占い師に言われたのですが、本当ですか?

いいえ。 引っ越しになりません。

 

引越しというのは、人の移動をみているのですから、「炊飯器」など、全く関係ありません。このご質問は、私からすると噴飯モノですが、以前から同様のご質問を頂くことが多いです。

 

 

新居へ、1泊すれば、引っ越したことになりますね?

引越の定義を、もう一度ご確認くださいませ。
(生活の拠点が新居へ移動し)その新居で生活を始めた最初の日」です。

 

1泊することが、引っ越しとなる場合、旅行でホテルに1泊しただけで、ホテルへ引っ越したことになってしまいます。

 

 

引越し日当日は、仕事なので会社から、引っ越し先に向かっても、大丈夫でしょうか?

はい、全く問題ありません。

 

引越しは住居の移動をみています。
直前までに滞在していた場所など引越し日とは無関係です。

 

 

引っ越してから、60日以内は、外泊すべきでない、と聞いたことがありますが、本当でしょうか?

いいえ。 全く関係ありません。
引越しと、旅行などによる外泊は移動の性質が違いますから、引越しに影響することはありません。

 

 

現住居の”退去日(引き払い日)”は、引越し日とは関係ないですか?

関係ありません。

 

退去日と、引越し日(入居日)が、同じ日になることが多いとは思いますが、仮に別日になろうとも問題はありません。
重要なのは、引越し日のみです。

 

 

荷物を運び入れる日は、引越し日ではないことは理解できました。荷物搬入の作業中に、お腹が空いたので新居となる家で「お弁当」を食べてしまいました。 「新居で食事」をすると引越しとなりますか?

いいえ。
「新居で食事をした」からといって、「引っ越し」にはなりません。

 

「食事をしたら、引越し」となるなら、レストランで食事をするたびに、レストランに引っ越したことになってしまいます。

 

(生活の拠点が新居へ移動し)その新居で生活を始めた最初の日」が、引越し日の定義です。「食事」は生活を表す一つの行為ではありますが、食事そのものが引越しなのではありません。 

 

以前から、この手のご質問がとても多いです。どこかの占い師が、「食事をしたら引越し」と、誤った情報を流しているのでしょうか?

 

冷静に考えれば、誤りであることは解るはずです。


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


引越し方位の栄就