境界線上(方位線上)にある物件の引越し方位

方位線の境界にある物件の引越し方位について説明しますね。

  • 現住所から、新住所の方位を確認すると、
  • 東と東北の方位線の境界にあるとか・・・
  • 南と南東の方位線の境界にあるとか・・・

 

方位の境界線上にある物件に引っ越すこともあり得ると思います。

 

境界線上にある物件というのは、凶方位になるからやめた方が良いというのが通説ですよね。
私は、引越し方位専門家ですので、もっと詳しく説明しましょう。

 

なぜ、境界線上の物件が凶といわれるのかというと・・・方位の作用が混ざってしまうからです。

 

この混ざってしまうエリアを ”どさくさ” と読んだりします。
どさくさ は、隣の方位作用と混ざるので、

 

片方の方位が無難方位であっても隣の方位が凶方位である可能性があるからです。
ですから、どさくさエリアの引越しは、以下の鑑定をして、引っ越して頂きます。

 

 

★境界線上(方位線上)にある物件の引越し方位

 

隣り合う方位が、同日に無難方位になる盤を使う

 

例えば、南と南東の境界線上にある物件なら、南と南東の2つの方位が、同日で無難方位になる日を使うのです。

 

 

しかし、この方位盤は、存在する可能性が低くなりますので、数が少なく、引越しできる日が、圧倒的に少ないということをご理解ください。

 

引越できる候補の日程が、通常よりも少なくはなりますが、引っ越し自体は、可能ですので、その点、ご安心くださいませ。


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


引越し方位の栄就