土用の引越しは凶ですか?⇒土用に凶意なし

 

土用の引越しは凶ですか?⇒土用に凶意なし

 

土用の引越しについて説明します。

 

土用の時期になると…「土用の引越しは凶ですか?」といったご質問が届きます。

結論は、土用に凶意はなし。土用の引越しが凶になるわけではない。

土用とは

土用とは…

  1. 立春
  2. 立夏
  3. 立秋
  4. 立冬

の前に訪れる季節の変わり目の期間、およそ十八日間の期間のことを指します。
年間合計でおよそ73日間ほどあります。

 

土用が忌嫌われる原因とは⇒季節の変わり目による体調不良が原因

火のない所に煙は立たぬ、とは言われますが、なぜ土用が忌嫌われる存在であるのか、その原因と推測してみましょう。
さきほど述べたように、土用とは、季節の変わり目のことを指すのです。季節の変わり目は、誰しも自律神経の調子を崩して、体調不良に陥りやすいタイミングです。老人や子供なら尚更でしょう。
土用が忌嫌われる原因とは⇒季節の変わり目による体調不良が原因
だからといって、引越しが凶であるとか、建築を控えるべきであるとか、ガーデニングをすべきでない…というのは拡大解釈というものでしょう。個人が体調不良に注意すればよいだけの話です。

四柱推命的にいえば…土用は「土旺(ドオウ)」

四柱推命的にいえば…土用は「土旺(ドオウ)」であり、土の気が旺盛になる時期でもあります。しかし、だからといって、土用の引越しが凶になるという道理はありません。土用の引越しが凶…とは、悪しき迷信の一つとしてよいでしょう。

「土の気」の弱い運勢の人にとっては、むしろ運勢が良くなる。

四柱推命で運勢を紐解くと…「土の気」が弱い運勢の人がいることも解ります。そのような人は、土用の期間においては、むしろ運勢が良くなるのです。
「土の気」の弱い運勢の人にとっては、むしろ運勢が良くなる。
なぜならば、土用とは土の気が旺盛になる時期であるからですね。土用の「土の気」がその人にとってはプラスに働くわけです。

子供や老人が土用に引越しするのは除けるべき⇒関係なし

「子供や老人などの体力の弱い人が、土用に引っ越すのは除けるべきだ!」という意見もありますが、これも土用とは何も関係がありません。土用とは季節の変わり目のことを指しているだけですから、子供も老人もなにも関係ありません。

 

奇門遁甲でしっかり方位をみて、凶方位を避けて引越せばよいだけです。

「土用に土いじり」をしないほうが良い?⇒むしろするべきだ。

もう一つ迷信がありまして…「土用に土をいじるな!」です。
「土用には、土地を取得したり、建築したりするな…」というのもあります。

 

これも根拠はありません。無視して大丈夫です。上記に述べたにように、拡大解釈による愚かなる結論なのですからね。

 

むしろ、先ほど述べたように、土用とは土の気が旺盛になる時期なのですから、むしろ「土をいじるべきである」ともいえます。畑いじりでも、土地の改良でも、建築でも…むしろ、おおいにやってください。

  • 草むしり
  • 草刈り
  • 造園
  • 基礎工事
  • 外壁工事
  • リフォーム工事
  • ガーデニング

いずれも、土地の関する行為ですね。むしろやってみるべきです。土地の気が旺盛なのですからね。
年間73日もある土用の期間に、いちいち建築を中止していては、土建屋の経営が成り立ちませんね。

「土用の過ごし方」はいつも通りでOKです。

土用の過ごし方を心配される人も多いかと思います…当たり前ですが、いつも通りです
繰り返しますが…土用自体に凶意があるわけではないからです。

 

引越しも、土地取得も、建築も、平常運転で問題ありません。

土用の引越し よくある質問

土用でも新築を建てて大丈夫なのですね?

大丈夫です。土用自体に凶意があるわけではないです。迷信とお考えください。

土用期間に植物を植えても問題ないですね?

問題ないです。土用自体に凶意があるわけではないです。迷信とお考えください。

土用に引越しすべきでない、と指導する占い師さんがいますが、あれはなぜですか?

方位学を理解していないのでしょうね。

土用が吉方位に影響を与えて開運効果が無くなるということはありますか?

ありえません。土用が方位作用に影響を与えることはないです。

土用に引越しをするときは、お祓いをするべきですか?

必要ありません。しかし信仰の自由ですから、ご自身の判断で行ってください。


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜7日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


栄就運命鑑定室のフッター


圧倒的実績と経験


2024年06月21日更新!