風水の張り欠けについて

風水の張り欠けについて説明しましょう。

 

土地の張りを気にされる人も多いと思います。

 

土地の張りとは、「土地の形の1辺の長さの3分の1に収まる長さの”でっぱり”」を、張りと定義するのです。

 

なお、3分の2以上の大きさになると、逆に、引っ込んでいるとみて欠けになります。

 

ようするに、理想的な、東西に長い長方形の形から、「でっぱり」、「ひっこみ」があることを張り欠けというのです。
結論的には、張り欠けは、無いほうが無難と考えます。

 

 

特に、鬼門と裏鬼門に張りが無い方がよい
鬼門とは 北東方位裏鬼門とは 南西方位のことです。
張りは、凶意が少ない土地の要素ですが、鬼門や裏鬼門には、張りをつくらない方が無難です。

 

張りがある場合は、植樹をして、凶意をカバーすることが重要です。
梅の木か松が妥当です。

 

植樹は、張りや欠けを、無かったことにできるだけの吉効果がありますから、もし、張りで悩んでいる場合は、植樹を検討してください。

 

 

 

南東に張りがあると吉 ?!
風水上、大量のエネルギーを享受できる南東方位に張りがあるのは、吉とされるのが定番の理論です。

 

しかし、私は張りや欠けは無い方が良いと結論づけております。
理想系は東西に長い長方形です。

 

南東に張りが無いからといって、無理に用意する必要は全くありません。


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


引越し方位の栄就



家の風水鑑定 TOP