三隣亡に家を買うのはダメ?

三隣亡に家を買う、契約するのは凶であるのか?

 

三隣亡は、建築作業をしてはいけない日と言われてる暦注ようです。

 

三隣亡というくらいなので、この日に建築作業をすると、その家と両隣が火災によって消失するという言われがあるようです。

 

結論からいうと俗説中の俗説ですから、無視してください。

 

もちろん、三隣亡の日に、不動産の売買契約日であってもなにも 問題はありません。繰り返しになりますが、不動産の売買契約の日は世帯主にとって、財運の高まる:吉日で済ませてください。

 

 



三隣亡に家を買うのはダメ?


三隣亡に家を買うのはダメ?


鑑定 サンプル 1

鑑定 サンプル 2


伝統の四柱推命にて、住宅を購入するための吉日を鑑定します。
厄年、空亡、天中殺はありません。 鈴木栄就が、ひとつひとつ丁寧に鑑定し、正確な吉日を提出いたします。

  • Eメール鑑定なら、ご入金後:3〜5日間程度でご提出
  • お申込みカンタン
  • 全国対応
  • わかりやすい鑑定書


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。




お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。




お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のEメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。




銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信のEメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。