厄年の入籍?

厄年の入籍?の入籍することは避けるべきですか?

 

という、ご相談も、多いです。

 

厄年は、

 

男性

  • 25歳 
  • 42歳 
  • 61歳

 

女性

  • 19歳
  • 33歳
  • 37歳

 

となっており、その前後の歳は、前厄、後厄 といったりするのです。

 

現代、日本の女性の結婚適齢期あたる、32歳・33歳・34歳が、女性の厄年に該当するためどうしても、厄年の入籍に対して、ネガティブになる女性が多いです。

 

厄年というのは、統計学のひとつです。
日本人が、たいへんな毎日を過ごすことになるだろう とする統計なのです。女性であれば33歳は、出産し、子育てに苦労する時期と重なる ということなのです。

 

統計学というのは、個人について語るものではなく、あくまでも平均点を語るものです。あなたにとって、凶であるとか、吉であるとかを、表しているわけではありませんから無視して、問題ないのです。

 

尚、私の個人的な意見としては、この厄年の統計データは、もはや古いものとなり、新しいデータに更新すべきだと、思っています。

 

 

 

 

厄年の入籍?

鑑定書のサンプル

家庭不和を防ぎ、平穏無事な家庭のための、大吉の入籍日を鑑定します。
伝統の四柱推命の研究家、専門家である鈴木栄就が、ひとつひとつ丁寧に鑑定し、提出いたします。

  • Eメール鑑定
  • ご入金後:3〜5日間程度でご提出
  • お申込みカンタン
  • 全国対応
  • わかりやすい鑑定書


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。




お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。




お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のEメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。




銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信のEメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。