入籍日鑑定(占い)

家庭不和を防ぎ、平穏無事な家庭を築くため入籍吉日を鑑定します。お二人の「誕生日」「産まれた場所」から正確な入籍吉日を占います。鑑定は四柱推命のプロである鈴木栄就が1件1件丁寧に鑑定しています。

入籍日鑑定書

四柱推命の専門家「鈴木栄就」にお任せください。

 

あなたの入籍吉日を、すぐに鑑定し提出いたします。私は、伝統の四柱推命 を永年の間、研究し、マスターいたしました。家庭不和を防ぎ、平穏無事な家庭のための入籍吉日を「Eメール鑑定」で、すぐに占います。 
入籍日鑑定のメリット

 

入籍日鑑定で結婚されたお客様のお写真

 

凶日を除け、吉日で入籍する方法を知っていますか?

凶日を除け吉日で入籍する方法

大切なパートナーとの、結婚。それは、婚姻届けを提出して入籍をすることによって、成立します。

 

そこで、入籍日をいつにしようかと考えていると…

縁起の悪い凶日で入籍するのだけは避けたい。私たち二人に最適な入籍の吉日を知りたい。

このように悩んでしまうのは、当然のことでしょう。他にも…

  • 気学やタロットで占ったけど、吉日が無いと言われた
  • 「今年は入籍をやめておけ」と、占い師に言われた
  • 11月22日(いい夫婦)が良いというが本当?
  • やっぱり「大安吉日」にした方が良い?
  • 彼が空亡だけど、入籍して大丈夫?
  • 私が厄年だけど、入籍したら問題あり!?

入籍日にまつわる不安やご懸念は、あげればきりがありません。

 

入籍日は、夫婦の運命を決める重要な日です。
大丈夫です。入籍吉日を鑑定いたします。

 

伝統の四柱推命を駆使して、お二人の「誕生日」と「産まれた場所」から最適な入籍日を占い、提出いたします。

私、栄就は四柱推命のプロです。
いままでも、数多くの入籍日を鑑定させて頂いております。


入籍吉日は四柱推命で占うのが鉄則

入籍日は四柱推命で占う

四柱推命というのは、命理・子平とも言われていて、その歴史は古く、今から1000年以上前に中国にて始まった運命学です。「滴天髄」や「淵海子平」という名著が生まれ、さまざまな研究家が、現在まで磨き上げられてきた究極の秘儀です。私、鈴木栄就は、この四柱推命の研究家であり専門家です。

 

さて、入籍の日ですが、まず夫となる男性の誕生日と産まれた場所、妻となる女性の誕生日と産まれた場所を用意します。その情報をもとに四柱推命によって、夫婦それぞれの運命を鑑定します。この両者の運命を理解するところから、入籍日は正確に占うことができるのです。

 

四柱推命によって占った入籍日は凶日を除け、吉日で入籍を果たすことができるのです。入籍日は四柱推命で占うことが鉄則になります。


気学では、入籍日は占えない

入籍日は気学では占えない

日本では、気学という占いが、たいへん有名であり、愛好者が多いこともあり、気学の占いの結果で悩んでいる方も多いことだと思います。

  • 気学占いで「今年は入籍すると離婚」と言われた…
  • 月破にあたるから、入籍しないほうが良い?
  • 気学で年回りが悪いから、入籍はやめたほうがいい?

実勢に、このようなメッセージを多く頂いております。いずれも気学の占い結果によるものです。

 

多い誤解だと思いますので、説明しておきます。気学では人の運を知ることは絶対にできないのです。気学というのは、そもそも人の運命を解析するシロモノではありません。気学というのは、本当の方位学である「奇門遁甲」を模倣し捏造し改悪した、占いゴッコでといえるものです。方位学である、奇門遁甲を模倣したことにより、そもそも運命を知るものでは無いことは理解されると思います。

 

四柱推命を模倣したなら、ともかく、奇門遁甲は、吉方位を導くための学問ですので、奇門遁甲を模倣したのであれば、人の運勢を鑑定できるわけが無いのです。そもそも根底が間違っていますし、間違っていることすら解っていない気学屋も多いことでしょう。気学は人の運命を鑑定できるものではありませんし、ましてや、気学で入籍の日を鑑定するなどは言語道断と言えるのです。

 

私が、これだけ言っても、「いや!気学のほうが有名だしね…」という人が多いです。気学はとことん人を不幸にする占いだと思います。

 

四柱推命の研究家として、世間の誤解を解消させるべく、このように専門の入籍日鑑定というウェブサイトを立ち上げ、公開することにしています。繰り返しになりますが、入籍日は気学では正確に鑑定できません。 入籍日は、伝統の四柱推命でのみ鑑定が可能なのです。

入籍吉日は、気学ではなくて、四柱推命で正確に占えます。

天中殺と空亡と厄年は無視する!入籍できます!

天中殺に入籍するのはダメ?

 

「天中殺」には入籍するべきではない!という誤解も多いです。

 

天中殺というのは、誰にでも訪れるという、不運時期のことらしいのです。世間では、この時期に結婚したり、入籍すると、離婚する!と、恐れられています。結論から言うと「天中殺」は存在していない!ということなのです。

 

天中殺と空亡と厄年は無視する!入籍できます!

悪質な占い屋ほど、この天中殺を持ち出しますので、注意してください。天中殺などはありません。つまり、「天中殺だから結婚できない!」ということは、絶対にありえないのです。天中殺で入籍を控えるべきか?と、悩んでいる方は、どうか安心してください。そして「天中殺」は一切忘れて頂き、相談者を混乱させる悪質な占い屋との関わりを断つことを推奨します。

同様に「厄年」「空亡」も無視して大丈夫です。四柱推命で占えば吉日で入籍できますので、どうか安心してください。

伝統の運命学である四柱推命を真摯に向き合ってきた私が断言します。厄年や空亡が個人の運勢に影響を与えることはありません。私はこれまで多くのお客様の運勢をみていますが、厄年、空亡で運勢が下がったり上がったりしている事象をみたことがないのです。


入籍日は四柱推命で正しく占えます!

入籍日は四柱推命で正しく占う

私、鈴木栄就は、四柱推命の専門家であり、これまで、多くのお客様の入籍日を鑑定、提供させて頂いております。

正しい入籍日は伝統の「四柱推命」のみ正しく導くことができるのです。

夫婦の幸せは、入籍日だけで決定するわけではありませんが、正しい入籍日で、入籍されることは夫婦の一生の財産となります。正しい入籍の日を鑑定し、幸せをつかんでください。

 

繰り返しになりますが、正しく運命を鑑定し、その人の運気を知ることができるのは四柱推命だけです。気学など、亜流の占いでは、人の運気を知ることはできず、入籍日も正しく導けません。正しい入籍日で入籍を済ませ、平穏無事に暮らす方法は、伝統の四柱推命による鑑定だけです。

 

入籍日には凶日と吉日が存在します。

入籍日には凶日と吉日が存在します。

お二人の誕生日と生まれた場所の情報から四柱推命で占うと…入籍日の凶日と吉日を導くことができます。すると上記の表のごとく凶日と吉日がクッキリと判別できるわけです。これを鑑定書にまとめて提出するのが入籍日鑑定となります。

吉日と同様に、凶日も存在していますので、十分に注意してください。

凶日を除け吉日で入籍するには四柱推命で占うしかありません。


鈴木栄就は、四柱推命の研究家であり専門家です。

栄就は四柱推命の専門家です。

正しい入籍日は、四柱推命のみ導くことが可能です。それは正しく四柱推命を鑑定できる能力が重要になります。鈴木栄就は、四柱推命を専門とし、長く研究を続け、そして多くのお客様に鑑定結果を提供させて頂いております。お客様への提供だけでなく、私自身も四柱推命を活用し、四柱推命によって、助けられている毎日でもあります。

 

 

四柱推命の鑑定作業風景写真


正しい入籍吉日を鑑定します。

入籍日鑑定
入籍日鑑定とは、お二人の「生年月日」と「出生地」から、入籍の吉日を鑑定し、ご提出する鑑定です。

 

  • 四柱推命による正しい入籍吉日を簡単に知ることができます。
  • 正しい入籍吉日を利用すれば結婚運が上がります。
  • 夫婦不和や結婚生活にまつわるトラブルを少なくし、末永く平穏無事な夫婦生活の成功を手伝います。
  • 理想的な夫婦関係を維持し、家族の発展に役立ちます。
  • 厄年中でも安心して入籍できます。
  • 天中殺でも安心して入籍できます。

 

入籍する方法(婚姻届の提出の方法)

入籍とは、婚姻届を役所に提出をして親の戸籍から新しく夫婦の戸籍に移ることです。手順は以下となります。大吉の入籍日を、知ることができれば、あとは、入籍を済ますだけです!

STEP 1
役所へいって、専用の用紙をもらってきてください。用紙の記載方法は、役所で手引き本をもらえるか、教えてもらえます。

 

STEP 2
婚姻届書類を書く際に、戸籍謄本が必要ですので、役所でとりよせてください。時間がかかる場合があるので、早めに用意しておいてください。

 

STEP 3
書類を書き終えたら、印鑑をもって役所に提出にいきます。提出場所は役所ですが、基本的に365日いつでも提出は可能です。日曜日でも受理は可能です。しかし、休祭日は、役所に担当者が不在ですので、不備があった場合、あとで呼び出される可能性があるので、注意してください。休祭日に提出した場合でも提出日が入籍日になるので安心してください。

 

STEP 4
正式に受理されれば、提出した日が入籍の日となります。おめでとうございます。

 

鑑定に、必要な情報は3つだけ

入籍日鑑定に必要な3つの情報

入籍日鑑定ために、必要な情報は3つだけです。以下の3つの情報をご用意のうえ、お申込みください。

夫婦のそれぞれの誕生日

  └例:(夫)1985年6月7日 (妻)1986年12月25日 

 

夫婦のそれぞれの産まれた場所

  └例:(夫)東京都 (妻)北海道
    (育った場所でありません。産まれた場所です。)

 

入籍を希望している期間

  └例:2012年10月〜2012年12月末の間を希望

 

お申込みは簡単です。

 

お申込みは、簡単です。以下の申し込みフォームより、ご連絡ください。鑑定は、鈴木栄就が、ひとつひとつ丁寧に鑑定しております。

 

入籍日鑑定の値段

鑑定書のサンプル

家庭不和を防ぎ、平穏無事な家庭のための、入籍吉日を鑑定します。
伝統の四柱推命の研究家、専門家である鈴木栄就が、ひとつひとつ丁寧に鑑定し、提出いたします。あなたは入籍吉日を利用して入籍を済ませるだけです!

  • Eメール鑑定
  • 良心的な鑑定料金
  • ご入金後:3〜7日間程度でご提出
  • お申込みカンタン
  • 全国対応
  • わかりやすい鑑定書


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就からEメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールがお客様のEメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信のEメールに記載がございます。

  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜7日間程度)

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。

最後に…ご結婚おめでとうございます。

入籍おめでとうございます

正しい入籍日の考え方は、ご理解頂けましたでしょうか?

 

いい夫婦の日や、大安吉日、気学で鑑定した日、空亡などは、何も関係ないのです。大切な入籍の日は、四柱推命で鑑定をして、幸せをつかんでください。ご結婚おめでとうございます。 ご縁のある限り、正しい入籍日を鑑定させて頂きます。

四柱推命で入籍日鑑定を占う栄就

入籍日鑑定 よくある質問

鑑定してもらうのに、お伝えする情報はなんですか?
  1. 夫婦の、それぞれの誕生日
  2. 夫婦の、それぞれの産まれた場所
  3. 入籍を希望している期間
の3つです。 詳しくは入籍日鑑定に必要な3つの情報をご参照ください。
入籍日はどのように占うのですか?
四柱推命にて占います。正しい入籍日は四柱推命のみ導くことが可能です。鈴木栄就は四柱推命の専門家です。
鑑定結果はどのように頂けるのですか?
鑑定書をPDFにして、Eメールにて添付し送信いたします。 入籍日鑑定のサンプルをご参照ください。
入籍日鑑定の鑑定料金はいくらですか?
入籍日鑑定  鑑定料金をご参照ください。
鑑定料金の支払い方法は?
銀行振込前払いです。
どうやって申し込めば良いのですか?
入籍日鑑定  お申込みの流れをご参照ください。
どのくらいで鑑定書をいただけますか?
ご入金後、3〜7日間程度になります。お急ぎの場合は別途でご相談くださいませ。
全国対応していますか?
はい、日本全国。世界対応しています。
鑑定内容に、二人の相性などは含まれますか?
いいえ。相性は鑑定しません。お二人の入籍吉日のみ鑑定し、提出します。
スマホやパソコンが、苦手でうまく操作ができません。ご依頼できますか?
入籍日鑑定は電話鑑定等をご用意しておりません。EメールでPDFを添付して送信する形式となります。難しいことではありませんので、ぜひトライしてみてください。もし、PDFが届かない、PDFを読み込めないなどのトラブルありましたら、ご遠慮なくお申し付けください。
鑑定前後に不明なことがある場合には、回答いただけますか?
はい、もちろんです。
入籍日とは何ですか?
婚姻届提出日のことです。親の戸籍から離れて、夫婦の新しい戸籍が始まる日です。
大安・仏滅の日は考慮しなくて大丈夫でしょうか?
それは、六曜というのですが、個人の命運には何も関係ありませんので、考慮する必要は全くありません。
結婚式の日はどうしたらよいですか?
結婚式は、命運とは何も関係ありません。いつでも大丈夫なのです。大切なのは「入籍の日」です。
気学で、今年は結婚・入籍できないと言われましたが…
気学は間違いです。気学関係の本や占い屋には近づかないことです。個人の運勢は、四柱推命のみ鑑定が可能です。そもそも気学は、方位学である奇門遁甲を模倣したものであり、運命を鑑定するものですらないのです。
空亡なのですが…結婚しても良いのですか?
空亡は、ありません。一切考慮する必要ありませんので、ご安心ください。
いい夫婦(11月22)の日に入籍したいのですが?
そうした俗説は、ナンセンスですので、記憶から排除してください。
入籍日を大安にしないと不幸になりますか??
何度も申し上げますが、大安などは個人の運とは何も関係ありません。考慮する必要は全くありませんので、しっかり鑑定をして決めてください。
入籍日が結婚式の前と後ろどちらが良いのですか??
結婚式は、個人の運命と何も関係ありません。結婚式はいつでも大丈夫です。好きなときにやってください。
休祭日でも、役所は婚姻届を受け付けてくれますか?
365日24時間、受付てくれます。不備がなければ、提出した日が入籍日となりますので、ご安心ください。
婚姻届は、夫婦2人で提出した方が良いですか?
いいえ。関係ありません。あなた一人でも大丈夫です。書類の不備には注意をしてください。
婚姻届を提出する時刻(時間)は関係ありますか?
時間は不問です。
私は四柱推命を勉強中ですが、入籍日が吉日となる理由も解説してくれますか?
入籍日鑑定は、ご依頼者様の大吉の入籍日を提出することが趣旨となります。四柱推命の理論的説明は、本来の趣旨とは異なるため、一切しておりません。四柱推命における鑑定技術の流出を防止するためでもあります。ご了承くださいませ

 

入籍日鑑定の値段

鑑定書のサンプル

家庭不和を防ぎ、平穏無事な家庭のための、入籍吉日を鑑定します。
伝統の四柱推命の研究家、専門家である鈴木栄就が、ひとつひとつ丁寧に鑑定し、提出いたします。あなたは入籍吉日を利用して入籍を済ませるだけです!

  • Eメール鑑定
  • 良心的な鑑定料金
  • ご入金後:3〜7日間程度でご提出
  • お申込みカンタン
  • 全国対応
  • わかりやすい鑑定書


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就からEメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールがお客様のEメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信のEメールに記載がございます。

  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜7日間程度)

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。