メイリちゃんと四柱推命

四柱推命学に ご興味のある方へ 「メイリちゃんと四柱推命」 をご案内しようと思います。
イラストや手書き文字は、ヒドイですが… 私、鈴木栄就が、できるだけ解りやすく工夫して描きました。
いかにして「人の運命」を客観的に知ることができるのか…ご説明したいと思います。  

 

 

お供するのは、「メイリちゃん」。女の子です。

 

え?…顔が面白い?  
これでも カワイク描いたつもりなんですけどねぇ…

 

 

四柱推命は、「星占い」や、「タロットカード」や「易」などとは一線を画し、地球上を取り巻くエネルギー理論であるのですが、わかりやすく解説していこうと思います。

 

この地球上には、目に見えない不思議なエネルギーが、規則正しく、循環しながら巡っているようなのです。この不思議なエネルギーを古代の人は、「木火土金水」と代名詞を与えて扱うことにしました。
これが有名な「五行」です。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

これを 陰陽五行 と 名づける

 

 

陰陽五行とは、この地球上を巡るエネルギーを、いち早く発見し、そして利用、活用してきた 中国大陸の先人が生み出した知恵であり、体系化された理論なのです。

 

この陰陽五行理論は、その後、中国大陸では、基礎概念として定着化し、漢方医療、針灸、風水、そして 人の運命を占う学問「四柱推命」へと発展していったのです。

 

もちろん、現在においても、漢方、針灸などは 陰陽五行理論が基礎ですし、玉石混交となった、本場中国の風水や占いも陰陽五行理論が基礎となっています。

 

そして、四柱推命も、もちろん基礎理論は陰陽五行であるのです。

 

 

人の運命は生まれた瞬間に決まる!

 

 

陰陽五行理論が、四柱推命の基礎となっていることを理解頂きました。

 

四柱推命を学ぶと、ある驚愕の事実を知ることになります。

人は、オギャーと生れた瞬間に運命の全てが決定してしまう…ということを。

 

ですから、中国では、自分の子供を「良い日取り」に誕生させようと、帝王切開で誕生日を意図的にコントロールする人もいるようです。

 

しかし、これは四柱推命研究家の中では、タブーとされていますね。
私もこのようなリクエストを頂いても断っています。

 

人の誕生は自然に任せることです。
意図的に誕生日をコントロールすると、四柱推命の鑑定結果が狂ってしまうようですね。

 

運命は命式に記される!

 

 

この写真は、メイリちゃんの運命を示した「運命のカルテ」。

これを命式(めいしき)と言います。

この命式は、栄就運命鑑定室のフォーマットで作成しています。

 

【生年月日と性別】という情報から、四柱推命は運命を客観的に知ることができる占いです。 

 

その運命を記したものが、運命のカルテである、命式(めいしき)なのです。

 

 

 

「生まれ持った運勢」と「今後の運勢」がハッキリ解る!

 

 

 

命式には

「生まれ持った運勢」と「今後の運勢」がハッキリを解るようになっています。

 

人の運勢は、時の流れとともに、刻々と変化していくことを知ることもできます。

 

例えば、「10年前のオレは、運が良かったよなぁ。イケイケだったよなぁ。」 なんてボヤきたくなること、ありませんか?

 

逆に、「10年前よりも、幸せになれた!」という人もあると思います。

 

これは、運勢が時の流れによって変化しているからなのです。
この運勢の流れも含めて、人の運勢は決まっている、と言っているわけです。

 

 

大運と流年

 

 

 

 

影響を与えるエネルギーの流れは、ある一定の法則に則って、規則正しく循環し、流れていきます。

 

その最も影響力の強いエネルギーは大運(だいうん)です。
大運は、個人の運勢に由来する運で、みんな違う大運をもっています。

 

親も、兄弟も、血が繋がっている間柄であっても、大運は、みんな違ってます。

 

 


「今は運が良い」とか「運が悪い」と感じるは、この大運が最も影響力が強いです。
大運が変化するのは10年ごとです。
つまり、10年間、ずっと同じ大運に影響され続けているわけです。

 

 

また、流年(りゅうねん)というエネルギーもあります。
これは、万人に共通していて、毎年違う運が巡ってきます。

 

例えば、2020年は「庚子」という年運が巡ってきています。
万人に共通してますから、あなたも、あなたのお友達も、2020年はみんな「庚子」です。

 

四柱推命では、「大運」と「流年」の2つで、運の流れをみていきます。

 

 

適正、性格、人格…なども解ってしまう

 

 

 

 

四柱推命は占いです。
占いといえば、「結婚はいつになるの?」「私は幸せになれるの?」なんて鑑定依頼が多いものですが、それはそれとして、四柱推命では人物の適正や性格、人格までも知ることができるのです。

 

さらに追及していくと「財運」「異性運」「仕事運」に至るまで、手にとるようにわかってしまう占いでもあるのです

 

 

【相性も解る】人は人に影響を与えあっている。

 

 

 

 

 

 

未婚の女性の関心事の一つは、結婚相手のことだと思います。

実は四柱推命では、相手との「相性」も知ることができます。

※以前まで「相性鑑定」を承っておりましたが現在はやってません。ごめんなさい。

 

ここに、婚活中の「メイリちゃん」と「太郎くん」と「幸男くん」の3人がいます。

 

実は、私たち人の運勢は、自分から他人へ影響を与え、他人から自分へ影響を受けているのです。
ようるすに、

人の運勢は、人から人に、相互に影響を与えあっているのです。

 

運の悪い人と長く一緒にいると、自分の運勢も低下しがちですし、運の良い人と一緒にいると、自分の運勢にも好影響となるのです。

 

特に、一つ屋根の下に暮らすことになる夫婦の陰陽五行の相性は、ことさらに大切です。
では、そのような相手が、相性良好といえるのか…。

 

とても簡単にいえば、

相性が良い運命とは…
自分が欲しいエネルギーを相手がもっていて、相手が欲しいエネルギーを自分がもっている。

 

逆に、

相性が悪い運命とは…
自分にとって苦手なエネルギーを相手が持っている

状況ですね。片思いもこのパターンです。

 

 

 

運命は決まっているが「改善と軌道修正」ができる

「運勢は、生まれた瞬間に決まっているなら、努力のかいものなく、運の流れに従うだけなのか?」
私も、四柱推命を勉強したばかりのころは、そう絶望したものです。

 

しかし、違いました。

 

運命は決まっているのだけど、「改善と軌道修正」はできる!

ということを知りました。


運命は決まっています。
が、それは、「大雑把な道筋」のようなものなのです。
大雑把な道なら、「ゆらぎを許す」ことができます。

 

 

その「許されたゆらぎの道幅」分なら、開運法と努力によって「改善と軌道修正」ができる、というわけです。↑の赤い線が「許されたゆらぎの道幅」です。この分だけ開運できたことを表しています。

 

元の道へ戻ろうとする作用が非常に強い

ただし、運勢のパワーは非常に強力で、元の道へ戻ろうとする作用が非常に強いので、知っておいてください。

 

「変わりたい、変えたい!」と願って、占いにハマったり、自己啓発セミナーに通ったりする人もいますが、だいたいはその時だけ「ああそうか、そうか!」となるだけで、結局振り返ってみると、何も変わっていないということが 往々にしてあると思います。

 

「明日やろう」と思っていたら、何も手につかず…そんじゃ、「また明日やろう」となって、ズルズル…と。

 

こんな人も多いと思います。

 

運命を改善する方法に奇門遁甲による「吉方位」もありますが、本当に運の悪い人は、吉方位の当日に大風邪を引いてしまったり、どうしても都合が悪くなって利用できなくなった、ということも起こります。

 

運勢は「改善・軌道修正」は可能ではありますが、元の運勢の抵抗も強いぞ。

ということなのです。

 

それでも、「人はいつでも開運へ向かって行動すべき」だ

 

とはいえ、

人はいつでも開運へ向かって行動すべきだ、と私は言いたいのです。

開運する方法は、

  • 吉方位
  • 言霊の活用
  • 住む家の改善(吉相の風水)
  • 職場の適正
  • 金運の管理

と、
占いを活用すべきことから、

  • 運動
  • 食事(サプリメントも含む)
  • 結婚相手
  • つきあうお友達

などからも影響されます。

 

人は、生まれた瞬間に運勢が決まっていますので、ボーっと生きていると、その道の通りに人生が過ぎていきます。その人生が満足のいくものであれば、そのままボーっと生きればよいでしょう。

 

しかし、大満足の人生を歩んでいる人なんて少数派だと思います。
なにかしらの不満や抜け出したい道があったり、将来が不安な人が大勢のはず。

 

ピンチになってから対策するよりも、いつも開運を意識して暮らすほうが大切です。
四柱推命は、人の運勢を知り、人を開運へと導く、道しるべなのです。

 

メイリちゃんと四柱推命