地鎮祭の良い日

地鎮祭の良い日 を説明します。

 

 

地鎮祭とは、その土地に建築物を建てる前に、土地の神様(?)にご挨拶をする儀式のことです。
安全祈願祭と呼ばれたりもしてます。

 

祭壇には、木火土金水の五行(五行は四柱推命・奇門遁甲の基本概念)を配した色の「のぼり」を利用することもあります。この儀式は、日本以外でも、韓国や台湾でも行うことがあります。

 

地鎮祭の意味としては、工事の安全祈願、建物の安全繁栄祈願が主となります。
一般には神式ですので、神社の神主さんに依頼することになります。

 

地鎮祭の費用の平均額は、2万円程度です。

 

さて、その地鎮祭の行う日ですが、できるだけ良い日を選びたいというのが人というものでしょう。
私のところにも、頻繁にお問い合わせがあることの一つです。

 

答えとしては、いつでも良い

 

六曜である 仏滅、大安などは、全く気にする必要もありません。
いつでも良いのです。 
家族がそろう日に、気持ちよく行えば、全く問題は起こりません。


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


引越し方位の栄就