方位の境界線は危険?

引越しを予定してます。

 

あちこち方位で、自宅から、引越し先を調べると、方位線のギリギリでした。

 

方位の境界線 ギリギリは止めておいた方が良いですか? 

 

家族で引越しをします。

 

 

 

可能であれば、境界線ギリギリの物件はやめてください。

 

方位の境界線 のことを 方位のスラングで、「どさくさ」 というのですが、どさくさ 付近は、できるだけ、物件として選ばない方が良いです。

 

私のところに、鑑定を依頼いただく場合は、現住所と、引越し先予定住所にて、正確な方位を確認しますからご安心ください。

 

もし、境界線上に物件であった場合は、方位の判別が困難ですから、その場合は、両方の方位で、無難方位になる日を鑑定して、ご案内します。

 

たとえば、”北北西”と”北” の境界線上にあった場合、 、”北北西”と”北”で、無難方位が一緒になる日を鑑定します。 

 

これで、いずれにしても、引越しを無難方位で済ませることは可能になります。

 

 

 


お申込みの手順(流れ)

 



「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。



お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。



お申込みを確認し、鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
振込先などが書かれたメールが、お客様のメールアドレスに届きます。
※届かない場合は、至急ご連絡ください。



銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。


  • Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
  • 電話鑑定⇒予約日時に、お電話にてご対応。
  • 対面鑑定⇒予約日時に、対面にてご対応。

ご入金の口座確認は、平日の17時以降に、行っております。


 


引越し方位の栄就