本当の自信のつけかた

本当の自信のつけかた

 

本当の自信のつけかた

 

先日、書店に立ち寄ったところ「自信をつける系ノウハウ書」が山のように売られていました。コーナーのポップには「これであなたも自信がつく!」とのこと。

 

私のところにも、「自信がないんです系」のご相談は多いですので、世の中には「自信が無いこと」を悩んでいる人は多いようです。

 

そこで、今回は「自信」について説明したいと思います。

 

よくあるノウハウで、「根拠のない自信が大事だ…」がありますが、これは完全否定します。

 

そもそも、根拠なく自信がわいている状態は、「まやかし」です。怪しげな自己啓発セミナーの帰り道で、目だけギラギラしているようなものです。

 

醒めてしまえば、その自信は雲散霧消です。
根拠がなければ、自信がつくことはないのです。

 

私の答えは、自信は「知識と経験」によって生まれる、です。
ですから、知識も経験もなければ、自信はつくわけがない、という身も蓋も無い話しになります。

 

よく考えてみてください。
知識ゼロ、経験ゼロの新入社員の兄ちゃんが、「俺はこの会社を経営できる自信がある!」と言っていたら、さすがにアホです。

 

ヤル気は認められるかもしれませんが、根拠がなさ過ぎて相手にされません。「自信家」というよりも「痛いヤツ」です。

 

無知、未経験のことは、最初は誰だって自信はないのが普通です。けれども知識と経験を貪欲に積み重ねるうちに、真の自信を獲得するに至るわけです。

 

よって、自信という代物は、そうたやすく身につくものではないですし、「まやかし」的に身に着けた自信も無意味であることがわかると思います。

 

では、知識と経験を貪欲に積み重ねるには、何が必要かということですが、それは「健康で体力があること」です。

 

「体が資本」とはよく言ったものですが、健康で体力があれば、人生に前向きになるものです。

 

ですので、まず「健康と体力」に気をつけましょうと、言いたいのです。自信を獲得するための基礎だからです。

 

あなたは、ちょっとした体調不良を無視していませんか?

 

栄養不足で体がだるくて、歯周病を放置していて、屁が異常に臭くて、血糖値が高いのに、どんぶり飯を食べているような人が、真の自信を獲得できるわけがないのです。順番が逆です。

 

自己啓発セミナーに通うようなオジサンは、メンタルというよりも、そもそも体が弱ってそうな人が多いです。まずは、健康と体力をつけて、知識と経験を獲得してください。

 

遠回りのようですが、これが本当の自信のつけかたです。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


page top