元気が無いのは、お菓子食べ過ぎが原因

元気が無いのは、お菓子食べ過ぎが原因

元気が無いのは、お菓子食べ過ぎが原因

 

 

いつも元気がなくて、パワーが沸いてこない、と悩んでいる人も多いと思います。

 

体力が無くて、思考がモヤモヤで、無気力な人です。老若男女問わず、悩んでいる人が、山ほどいるはずです。

 

また、こういう体質の人は、だいたい冷え性です。

 

元気で、パワフルな感じは、生まれ持った性質の影響が強いです。誕生日を伺って、四柱推命で鑑定すれば、パワフルさは鑑定書に表れるものです。

 

しかし、だからといって、全てが生来の気質だけの原因ではないです。

 

私が考える原因の一つが、「甘いお菓子食べ過ぎ」です。

 

菓子パンとか、チョコレートとか、甘いカフェオレとか、糖質しかないような甘いお菓子を食べ過ぎると、どんどん元気がなくなる体質になっていくのです。

 

甘いお菓子だけでなくて、ランチは、パスタしか食べないとか、少しの野菜しか入っていないサンドイッチとか、をよく食べる人も、結果として、糖質ばかりの食事になります。

 

デザートがチョコレートだったら、尚更、糖質ばかりです。糖質は必要な栄養ですが、過剰に食べると、元気が無くなる栄養なのです。

 

 

 

原因が解ったところで、手っ取り速い改善方法を1つ紹介しておきましょう。甘いお菓子を全部止めてたんぱく質とクエン酸同時に積極的に食べると良いです。

 

元気の無い人は、だいたい胃腸が弱いです。たんぱく質は消化が悪いですから、クエン酸で消化を良くしてあげます。

 

1か月くらい続けると、元気が湧いてくるのが実感できるはずです。

 

 

 



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top