凶日で不動産契約をしてしまった場合の対策方法は?

凶日で不動産契約をしてしまった場合の対策方法は?

「凶日で家を買ってしまったかもしれない…何か対策方法があればアドバイスをください!」
という、メッセージを良く頂きますので、回答しておきます。

 

凶日で不動産契約をしてしまった場合の対策方法は?

 

家の購入は、世帯主にとって吉のタイミング(吉日)で契約することが基本中の基本です。
巨額の買い物ですから、凶のタイミングを必ず除けることです。

 

住宅購入には世帯主の財運が、重要になるのですが、財運の悪いタイミングでマイホームを無理して買ってはいけません。マイホーム購入が、人生の足をひっぱる原因をつくってしまうからです。

 

だからこそ、事前の準備や計画が必須なのですが、冒頭のメッセージのように、「すでに買ってしまったんだけど…なんとかして」と、事後の報告を頂くことが多いのです。

 

繰り返しお伝えしているのですが、過去の過ぎ去った日のことを捻じ曲げることはできないんです。凶日で不動産契約をしてしまった場合の対策方法など存在しません。凶日を吉日に変えるなんてことは、できないのですが…それやってくれ、と頼まれることが本当に多いです。

 

当然、できないことなので、お断りさせて頂きますが、お断りすると、「そうですか、がっかりしました…」と、なぜか私に悪い印象をもつ人が多いのも困ってます。

 

できないことを断るのは紳士的な対応だと思っているのですが、相談者様からは心象を悪くする…というジレンマです 笑

 

不動産の購入は、タイミングが重要ですが、鑑定のご依頼は、「事前」のご連絡でお願いいたします。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top