不動産屋が家の契約を急がす理由

不動産屋が家の契約を急がす理由

家を購入するときには、不動産屋のお世話になることかと思います。
ご経験のあるかたも多いはずですが、契約前の不動産屋はとにかく、事を急がせます。

 

不動産屋が家の契約を急がす理由

 

急がせるというよりも、「焦らす」と表現したほうが正しいでしょう。
運命上、かなり重要である契約日についても、不動産屋が勝手に指定してきたりします。

 

本来、買い手のほうが主導してもよいはずですが、不動産については買い手のほうが情報弱者となっているため、情報強者の不動産屋の言いなりになっていくのが常です。

 

なぜ、契約前の不動産屋は、契約まで一直線に事を急がせるのか…。
理由は簡単で、客の気が変わらないうちに、契約まで早くもっていきたいからです
消費者のため、というよりも不動産屋の営利目的のためです。

 

家を探している消費者は、あっちへこっちへ、すぐに気が変わってしまうため、営業行為が無駄にならないようにと、消費者を焦らせて、急がせて、契約までもっていくわけですね。

 

その時の、常套句が、「この物件は大人気で、他にも予約が入ってまして…」です。
ようするに、他の人に、横取りされちゃいますよ!というのです。

 

私も、かつて不動産業界のサラリーマンでしたから、よく知っていますが、今でもこの常套句は健在で、ほとんどの消費者が、不動産屋の口車にのってしまうようです。

 

とくに、新興の不動産屋は、イケイケなところが多く、なんでもアリで営業してきますね。

 

そもそも、家を選んでいるときの奥さんは、精神的にハイになっていることが多く、情報強者の不動産屋からすると、チョロいカモの状態なのです。

 

家は数千万円の買い物です。
焦って、急いで、契約してはダメです。

 

良い物件だったのか?良い日取りなのか?本当にここで良いのか?
人生で一番冷静になって対応すべしです。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top