引っ越し先が、方位の境界線上でも引っ越し可能です。

引っ越し先が、方位の境界線上でも引っ越し可能です。

 

引っ越し先が、方位の境界線上でも引っ越し可能です。

 

 

引越しする先の新住居が、現住居からみて「方位の境界線上」に位置していることもありえますよね。

 

たとえば、東北と東の境界線上にあるとか、北西と北の境界線上にあるとか…。

 

この境界線上問題については、いろいろな意見がネット上や書籍上に掲載されています。

  • 方位の境界線上にある物件は選ばないほうが良い
  • 方位の境界線上にある物件へは、必ず凶方位になる

などと、書かれています。

 

 

私の意見は、ひとつです。
無難方位を利用すれば引っ越しは可能。しかし、吉方位は利用できない、です。

 

境界線上の物件は、境界線上の方位鑑定のやり方があります。

 

鑑定方法は単純で、境界線上なのですから、またがる2つの方位を鑑定し、同日で無難方位になる方位盤を選べばよいのです。

 

例えば、東北方位で無難方位、東方位で無難方位となる日盤を探し出せばよいわけです。

 

この日盤を使えば、東北と東の境界線上の物件であっても安全に引っ越せます。

 

吉方位が利用できない理由も単純で、またがる2つの方位において、同日で吉方位になる盤が理論上存在しないからです。

 

ですので、吉方位を使って引っ越しを希望したい場合は、吉方位のエリアに確実に入っている物件を選ぶことです。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top