築年数と風水について 【古い家が凶相になりがちな理由】

築年数と風水について  【古い家が凶相になりがちな理由】

築年数と風水(家相)について 【古い家が凶相になりがちな理由】

 

こんにちは、占い師の栄就です。

 

凶相を除け、吉相の物件を探すためには、築年数にも注目してください。
築年数は、新しければ吉になるわけではありませんが、古すぎる物件は、相に悪影響があります。

 

目安としては…

  • 木造の一戸建で、30年以内
  • SRC造のマンションで、35年以内

です。

 

なぜ、築年数が古いと、相に悪影響があるのかというと、単純に建材が劣化してくるからです。具体的には、家に隙間ができたり、屋根が腐食したり、断熱材もスカスカになったりするのです。

 

その結果、湿度が異常上昇したり、室温が低下しがちだったりして、家の中が不快になっていくのです。

 

これは、間取りの良し悪しではなくて、単純に経年劣化のせいです。
間取り図面だけでは、吉凶が判断できない要素が築年数によってだいたい予想がつくわけです。

 

相場よりも割安だからといって、築年数が古い物件に飛びついてしまうと、あとあと、大規模修繕が必須になることは、織り込んでおきましょう。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

築年数と風水(家相)について 【古い家が凶相になりがちな理由】

page top