家の購入は築年数で妥協してはならない 【家の風水】

家の購入は築年数で妥協してはならない

 

家の購入は築年数で妥協してはならない 【家の風水】

 

これから家を購入するという人は、予算のなかで購入できる物件を探すことになるはずです。

 

しかし、残念ながら、予算がある限りは「妥協」が必要になってきます。

 

妥協するパターンは2つです。

  1. 駅からの距離
  2. 築年数

です。

 

ほとんどの物件で、駅からの距離に比例して安価になりますし、築年数に比例して安価になります。

 

私は風水研究家として、妥協してはならないのは「築年数」だと言いたいのです。

 

なぜなら、「駅からの距離」は、風水に影響無いけれど、「築年数」は風水に直接的に影響してしまうからです。

 

やはり、古い物件は戸建て・マンション問わず、建材が劣化しており風水を著しく低下させるからです。

 

マンションの場合、リノベーションできるのは専有部分だけで、共用部分は古いまま。リノベーション込みで購入を予定される場合についても注意が必要なのです。

 

そもそも、古いマンションは管理が機能していないと、建物自体が死んじゃってることも多いです。

 

築年数は妥協してはいけませんよ。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top