断熱材の劣化に注意 【家の風水】

断熱材の劣化に注意 【家の風水】

 

断熱材の劣化に注意 【家の風水】

 

中古物件の購入を検討される際に、断熱材の状態にも注意がいります。

 

とくに、木造の戸建ては、経年劣化で断熱材の状態が悪くなっていることが多いです。

 

断熱材の状態が、少しでも悪いと、断熱効果はガタ落ちとなります。
断熱材は少しくらいの劣化は大丈夫…という代物ではなく、完璧じゃないと性能を発揮できないのです。

 

一般的に利用される「グラスウール断熱」は、「コスパが良い」というメリットがある反面「内部でズレ落ちてしまう」という、致命的なデメリットがあります。

 

一旦ズレ落ちた、グラスウールが自然に回復することはありませんから、住人はそのことに気づくことなく、寒い家で過ごすことになってしまいます。

 

平面の間取り図面を吉相と、評価したところでも、断熱材がボロボロなら、風水効果も半減します。

 

残念ながら、平面の間取り図面を拝見しただけで、断熱材の様相を知ることはできないです。(当たり前ですが…)

 

ですが、推測することはできます。それが築年数です。

 

やはり、断熱材は経年によって劣化するものですから、「古い物件は、断熱材の状態にリスクあり」と判断するのが妥当なのです。



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top