南側すぐに隣の建物があるのは凶相 【風水】

南側すぐに隣の建物があるのは凶相 【風水】

南側すぐに隣の建物があるのは凶相 【風水】

 

吉相の物件を探すときに、重要な要素は、家の向きです。
南向きが最も吉相で、次に南東向きです。

 

家が「南に向く」ということは、「日照が良く、家の中が明るいというメリット」が吉相に影響しているわけですよね。

 

ですので、図面上は南向きでも、実際は南側すぐに、隣の家があって、日照を妨害しているようなら、それは吉相にはならないのです。南側すぐに、崖や丘が壁のにように、そびえ立っている場合も同様です。 残念ながら凶相になります。

 

吉相の物件には、南側の充分なスペースが必要なのですね。
南側に接道している物件は、おのずと南にスペースがあることになりますので、物件探しの際は、まず、南接道で探すと良いのです。

 

 

 

 



この、続きは、栄就のメルマガ(完全無料)で、もっと詳しく説明しています。
栄就のメルマガの登録はこちら


栄就メルマガ


栄就のブログは、2008年9月〜運営しています。
2018年8月に、こちらのブログに引っ越しました。


旧ブログ (2008年9月〜2018年7月末)は、こちらです。

page top